2013年07月02日

涙の時間が増えてくる!?

DVDを購入して間もなく2週間、家で心おきなく

『レ・ミゼラブル』のDVDを観ることができるチャンスは意外と少ないです。

まだ2回しか観ていません。

ですが、映画館から通算すると6回観たことになります。

そこでちょっと気付いたことがあるのですが.........



皆さんはどのシーンで一番泣きますか?

私の場合は、ここ



というか、今はここ

エポニーヌ(サマンサ・バークス)のシーンです。

映像にある、雨に打たれながら唄うシーンも、神に召されていくシーンも

最近ではエポニーヌ(サマンサ・バークス)の顔を見ただけで

喉の奥に、妙に重たい空気の塊のようなものができてしましまいます。



なぜなんでしょう?

初めて観た頃は、エポニーヌにはここまでではありませんでした。

ファンティーヌがコゼットの幻を見るシーンや、

ジャン・バルジャンが天に召されるシーンで、より多くの涙を流していたのですが。

いまやすっかり、私の泣かせのナンバーワンは

このエポニーヌ(サマンサ・バークス)になってしましました。


なぜなのか?.......

私なりの分析はこうです、


初めて映画『レ・ミゼラブル』を観た時、

子役のエボニーヌを初めて観た時、

彼女に対して、あまり良くない感情を抱いていました。



だからです!



その後の彼女を知るにつれ、初めに抱いた感情が

大きなギャップを生み出します。

申し訳なくなる、後ろめたい気持ちになるんです。

彼女を見るにつれ、どんどんその気持ちが大きくなって泣けてしまう。

脚本の手柄なのか?演出の手柄なのか?女優の手柄なのか?

おそらくどれも凄いのでしょう。



皆さんの泣かせのナンバーワンはどのシーンですか?



⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Amazon で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] 楽天で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Yahoo! で購入












posted by 泣きすぎ at 23:52| Comment(0) | 涙の時間が増えてくる!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

「歳とると涙もろくなる」って本当!?



もうすでに二日経ちましたが、

一昨日の日曜日、本当にいい日曜日でした。

何年ぶりでしょう、あんなに充実した日曜日を過ごしたのは。ちょっと記憶にありません。



日曜日とはいえ、ちょっと早め、8時には起床。

今日はこの時間から家には誰もいません (*^_^*)

雨は降ってませんでした。まずますの天気。

水を一杯飲んで、すぐに洗濯屋さんに行きがてら20分ほどジョギング。

ジョギングの途中、コンビニでブランチ用にサンドウィッチ購入。

家に戻ってチョイチョイと掃除して、その後シャワー。

身体のほうはこれで万全です。

ソファーのクッションの位置を整えたらいよいよDVDをセット。


いざっ!

.......................

(T_T)

いやいや、すっきりしました。

誰に遠慮することなく、存分に泣いちゃいました。



ファンテーヌ役のアン・ハサウェイさんありがとう!

エポニーヌ役のサマンサ・バークスさんありがとう!

ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンさんありがとう!

シャベール警部役のラッセル・クロウさんありがとう!

コゼット役のアマンダ・セイフライドさん、幼少期のイザベル・アレンさんありがとう!

マリウス役のエディ・レッドメインさんありがとう!

ガブローシュ役のダニエル・ハトルストーン君ありがとう!

トム・フーバー監督ありがとう!

その他、出演者の皆さんも、制作した皆さんも本当にありがとう!

そんな気持ちになりました。



ところで、「歳をとると涙もろくなる」なんて言葉を耳にすることがあります。

いかがですか? 皆さんは。

私の場合は、まったくその通り!

ホント、年々涙もろくなってる気がします。



映画「レ・ミゼラブル」を映画館で初めて観たのが今年の2月のこと。

その少し前、今年のお正月に家で「ライフ・イズ・ビューティフル」のDVD借りてきて観ました。

「ライフ・イズ・ビューティフル」を映画館で観たのは公開の年、1999年。

それ以来、久しぶりの鑑賞でした。(14年も経つんですね!びっくりです)

14年前は泣きませんでした。 ちょっと泣きそうにはなったかもしれないけど。

でも、涙を流して泣くことはありませんでした。

ところがどうでしょう、14年経って改めて観てみると。

泣ける泣ける、これが、嘘のように涙がこぼれました。


これって年のせいなのでしょうか?

気になって調べてみました。



あるサイトに、なんだかいいことが書いてありました。

難しそうな言葉で丁寧に説明されていましたが、要するに。

子どもの涙を「第一段階」

その後大人になって「第二段階」

さらに年を重ねた人の涙を「第三段階」 とすると

第一段階:情動行動「自分のために泣く」

第二段階:理性行動「自分のために我慢する」

第三段階:菩薩行動「人様のために涙を流す」

だそうです。

⇒ 詳しくはコチラ


実は、「ライフ・イズ・ビューティフル」のDVDを観たこの時の体験、

涙を流してなんだか心がスッキリした体験。

これを再び味わいたくて「レ・ミゼラブル」を観に行きました。それが動機でした。

期待通り、いや、期待以上でした。


CMで前田敦子さんも言ってます。

本当です。癖になりますこの涙。



⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Amazon で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] 楽天で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Yahoo! で購入





















posted by 泣きすぎ at 23:46| Comment(0) | 歳とると涙もろくなる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

涙とともに流れてしまうストレス!?



どうでしたか?

心ゆくまでなみだを流しましたか?

じつは、私まだなんです。もちろんDVDはちゃんとゲットしたのですが。

明日の日曜日の日中、家族が全員出払って家には私一人の予定なので、

そこで心置きなく......... のつもりです (*^。^*)



ところで、泣いたあと、特に涙をぼろぼろこぼして大泣きした後って

なんであんなに心がすっきりさっぱりするんでしょう?


脳生理学者の有田秀穂さんという方がその謎?を解いてくれています。

さらになんと感動の涙を流すのにもコツがあるそで

そのコツもレクチャーしてくれています。

⇒ 感動の涙を流すコツはこちらから

泣くって本当にいいことなんですね! (T_T)



⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Amazon で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] 楽天で購入

⇒ レ・ミゼラブル [DVD] Yahoo! で購入








posted by 泣きすぎ at 15:56| Comment(0) | 涙とともに流れてしまうストレス!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。